ビデオカメラレンタルランキング

  

おすめのビデオカメラレンタルショップはどこ?人気のビデオカメラレンタルショップランキング

最終更新日時:2016年9月26日(月)

ビデオカメラをレンタルのお探しの方必見!人気のビデオカメラレンタルショップランキング

人気のビデオカメラレンタルショップをランキング化

たまの旅行に・・子供の運動会や発表会に・・ビデオカメラを使って映像で残したい場面ってありますよね。普段はあまり使わないけど、そういった時だけビデオカメラを使いたい、そんな方はビデオカメラのレンタルがおすすめです。利用したい時だけレンタル出来てレンタル料金は格安!最新のビデオカメラで綺麗な映像を残せます。人気のハンディカムタイプのものから、最近はやりのGoProのようなアクションカムまで、幅広い商品が揃っています。
当サイトでは、おすすめのビデオカメラレンタルショップを徹底調査し、ランキング形式でご紹介しています。ビデオカメラのレンタルをご希望の方はぜひ当サイトの情報を参考にしてみてください。

1位 ビデオカメラレンタル屋さん

ビデオカメラレンタル屋さんは値段が安く、簡単にビデオカメラをレンタルできるおすすめショップです。フルHDハンディタイプビデオカメラが1泊2日2,480円からレンタル出来ます。機種はかなり新しいタイプなので性能も十分です。また、アクションカムのGoProも扱っており、こちらもかなり安い金額でレンタル出来ます。送料は往復で1080円とお手軽な金額。平日午後2時までの注文で最短翌日着、利用時に会員登録等も必要なしとかなり気軽に利用できるショップです。ビデオカメラのレンタルをお探しの方はまずチェックしてみてください。

店舗名 ビデオカメラレンタル屋さん
取り扱いメーカー パナソニック GoPro
レンタル料金 最安機種:1泊2日2,480円 2泊3日2,980円
※機種により異なる
詳細を見る

2位 ビデオエイペックス

ビデオエイペックスは、様々なタイプのビデオカメラをレンタルできるレンタルショップです。小型のフラッシュメモリー型のものから人気のハードディスク内蔵タイプ、4K映像が撮れる本格的なビデオカメラ、アウトドアでは定番のアクションカムGoProなど、幅広いタイプのビデオカメラを扱っています。レンタル価格は最も安い機種で1泊2日2800円からありますが、郵送で届けてもらう場合は2泊3日からのレンタルとなりますので注意が必要です。送料は3000円以上で無料、返却のみ自己負担になります。

店舗名 ビデオエイペックス
取り扱いメーカー パナソニック SONY GoPro キヤノン
レンタル料金 最安機種:1泊2日2,800円 2泊3日3,920円
※機種により異なる
詳細を見る

3位 DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルは、DMMが行っている様々なものをレンタルできるレンタルサービスです。家電からドレスまで幅広い商品を取り扱っていますが、その中にビデオカメラもあります。DMMいろいろレンタルの特徴はなんといってもその安さ!最安価格は1泊2日2540円で更に送料無料という圧倒的にお得な価格設定です。扱っている商品も手軽なハンディタイプからプロ仕様の本格ビデオカメラまで様々です。ただ、人気すぎて予約で埋まっていることが非常に多く、なかなか自分が使いたい商品がレンタル出来ないということが多いです。またDMMに会員登録しないといけないのも若干面倒なところです。

店舗名 DMMいろいろレンタル
取り扱いメーカー パナソニック SONY GoPro キヤノン Victor SANYO
レンタル料金 最安機種:1泊2日2,540円 10日間5,400円 30日間7,300円
※機種により異なる
詳細を見る

4位 レンタルカメラショップ

レンタルカメラショップ

レンタルカメラショップは、一眼レフカメラやビデオカメラ、プロジェクターなど様々な機器を扱うレンタルショップです。ビデオカメラはコンパクトなものから大型のものまで幅広い取り扱いがあります。レンタル料金、送料は若干高めですが、商品を壊してしまった時の負担額がゼロの無料サポートが付いています。レンタルは1日から可能ですが、郵送で届ける場合は1泊2日からの注文が必要です。

店舗名 レンタルカメラショップ
取り扱いメーカー パナソニック SONY キヤノン Victor
レンタル料金 最安機種:1泊2日2,500円 2泊3日3,500円 3泊4日4,500円
※機種により異なる
詳細を見る

ビデオカメラは買わずにレンタルがおすすめ!

旅行や子供の運動会など、ビデオカメラを使えば特別な想い出を綺麗な映像で残すことができますね。最近ではスマートフォンなどで動画撮影もできますが、やっぱり専門のビデオカメラを利用したほうが綺麗に残せますし高性能な機能も使えて便利です。けど、せっかく買っても特別な時にしかビデオカメラを使わないという方も多いのではないでしょうか。数回だけ使って後は押入れで埃をかぶっているなんていう場合もあると思います。
そんなもったいないことにならないように、ビデオカメラはレンタルすることをおすすめします。特別な時しか使わないのであればレンタルの方がはるかに安くなりますし、部屋の奥にしまったビデオカメラを探し回ったり、使っていなかったから壊れてしまっていたなんていうことも無くなります。レンタルのビデオカメラなら新しい機種も使えますし、買うには高すぎるような高性能なタイプをレンタルすることも可能です。
普段からしょっちゅうビデオカメラを利用するという方以外は、ビデオカメラはレンタルで済ませた方が様々な面でお得ですよ。

想い出はビデオカメラで残そう!

想い出を残すならやっぱりビデオカメラがオススメです。ビデオカメラで撮影すると、人物が動いて写真とは全く違った味があります。人物を写すと声が入ったり、会話が入ったりしてとても思い出深いものになるでしょう。何年経ってもあの頃を思い出せるとても素敵なものです。ビデオカメラのいいところは、そういうところにあるのではないでしょうか。子どもの映像などを撮影しておくと、大きくなった時にとってもいい思い出になります。一瞬は過ぎ去ってしまうものですが、ビデオカメラで留めることができるのです。
最近はビデオカメラだけでなく、スマホでも動画が撮影できるようになっていて、ビデオカメラ機能はどんどん一般的になってきています。おまけに最近では4Kも撮影できるようになってきていて、クオリティーが高い動画を撮影して楽しむことができるようになりました。
子供の運動会や発表会、遊園地に行った時やビーチに行った時などにビデオカメラはとてもいい撮影機材になります。時間は前に進み続けますが、ビデオカメラで撮影した動画はいつまでも、その時間にとどまっていて、楽しむことができるのです。写真はアルバムを作って楽しむことができますが、ビデオはライブラリーとして動画を編集して保存しておくといいでしょう。時が経った時に、懐かしく思い出しながら見られるのがビデオカメラです。

こんな特に役に立つ!ビデオカメラのレンタルシーン

家族や友達との旅行の思い出に

旅行の思い出にビデオカメラで映像を、そんな時にビデオカメラレンタルは大いに役に立ちます。ビデオカメラで撮影した旅行映像を後日みんなで見返せば盛り上がること間違いなし!レンタルサービスの中にはデータをDVDに焼いて納品してくれるサービスを扱っているとこもあるので、撮影した映像を全部お任せでDVDに残すこともできます。

映像に残したい子どもの行事に

学校の運動会や、習い事の発表会など、ずっと残したい子どもの映像ってありますよね。そんな時もビデオカメラレンタルが活躍します。手ぶれ補正の強いものや暗めの場所でも上手に撮影できるものなど、お子さんを映す様々なシーンに合わせてビデオカメラをレンタル出来ます。子どものころに撮った映像は大人になってもきっと大切な思い出となることでしょう。

スポーツシーンにも役立つ!

仲間内でやったフットサルの試合や草野球の試合など、スポーツシーンにも役に立ちます。今流行りのボルダリングなどでも、登っている映像を撮ってその後に自分でフォームの確認をするといった使い方をされる方もいます。また、GoProなどに代表されるアクションカムを使った映像も非常に増えてきました。スキーやスノーボード、サイクリングやマウンテンバイクなど、アクションカムを使って撮影すれば普通では撮れない非常に臨場感のある映像を撮影することができます。

結婚式の余興の撮影に

意外と多いのが結婚式の余興で使う映像の撮影用です。友人の結婚式にビデオレターを送りたいといった場合に、ビデオカメラのレンタルを利用すれば高品質の映像を撮影できます。一生の記念に残る結婚式の余興ビデオ、せっかくだから良い映像を残したいですよね。手間暇かけたものなら余興も盛り上がりますし、作った映像をDVDなどに焼いてプレゼントもすればきっとご友人も喜んでくれるでしょう。

スマホじゃ物足りない・・・ちゃんとした映像を残すならビデオカメラで

最近ではスマートフォンなど気軽に動画が撮れるものが増え、ちょっとした撮影ならスマホで十分という方も多いかもしれません。しかし、ずっと残したい映像でしたらやはりビデオカメラで撮影することをお勧めします。スマホとビデオカメラ、それぞれ動画を撮影できますが違いは大きいです。

画質や音質には大きな差がある

スマホの動画撮影機能も高性能になってきたとはいいますが、さすがにビデオカメラと比べると見劣りは隠せません。特に暗いところでの撮影は差が大きくなるでしょう。しっかりとした綺麗な映像を残したいならやはりビデオカメラで撮影したほうが良いでしょう。

機能面でも大きな差 特にズームや手ぶれ補正

ビデオカメラとスマホでは機能面でも様々な差がありますが、特に大きいのがズーム機能です。スマートフォンではあまり大きくズームできるものは無く、自分で近寄って撮らなければなりません。また、ズームもピンチアウトやピンチインで操作するため意外と扱いずらいことも多いです。ビデオカメラなら工学で20倍~50倍程度のズームが出来るため、スマホとは比べ物にならないほどのズーム機能です。
また、手ぶれ補正も大きなポイントです。手ぶれ補正のついているスマホもありますが、まだまだビデオカメラと比べると貧弱な印象です。また、手ぶれ補正自体が付いていないスマホもまだまだあります。ビデオカメラと比べて持ち方が安定しないスマートフォンは、手ぶれによる影響を受けやすいため映像にもかなりの違いが出てきます。

スマホだとバッテリーや記録メモリの容量に不安あり

スマートフォンで動画撮影するときに気になるのが、バッテリーやメモリの問題です。特にバッテリーが切れてしまうと撮影だけでなく電話やメールなども使えなくなるわけで、非常に不便です。また、動画撮影は大きなメモリ容量を必要とするため、スマホでずっと撮っているとすぐ容量不足に陥るでしょう。これらに関してもビデオカメラの方が優れています。


スマートフォンは気軽に動画が撮影できるというメリットはありますが、ちゃんとした映像を長く撮るということにはあまり向いていないように思えます。映像を綺麗に残したい、長く撮影したいというときにはやはりビデオカメラの方が断然おすすめです。

最近増えてる4K画質 ビデオカメラも4Kを選ぶべき?

最近では4K画質というものがどんどん広まりつつあります。家電量販店などに行けば、4Kテレビがたくさん並んでいるのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。そして、最近はビデオカメラの世界でも4K画質で撮影できるのが売りの商品が数多く登場しています。4K画質で映すことのできるビデオカメラをレンタルできるショップもありますが、ビデオカメラも4K画質で撮ったほうが良いのでしょうか?
これは今現在ではなかなか判断が難しいところでもあるのですが、将来的なことも考慮して4K画質で撮っておいても損はないのではないかと思います。今は4K画質で撮影しても、その性能をフルに発揮できるテレビや投影機器をお持ちの方は少ないと思います。お持ちでない方は4K画質でなくフルハイビジョン撮影などでも特に問題はないでしょうし、映像にそれほど大きな違いも出にくいかと思います。ただ、将来的に4K画質が当たり前となると、その時に4K画質で撮っていなかった古い映像は少し物足りなく感じてしまうかもしれません。将来的にきれいな画質で残したいと思う方はとりあえず4K画質で撮っておくということでも良いと思います。
ただ、パソコンのモニターや小さめのテレビで映すというだけなのであれば4K画質は少しオーバースペックかなと思いますので、そんなに先のことを見越す必要もないというのであればフルハイビジョンでの撮影でも問題なく綺麗な映像は撮れるでしょう。4K撮影可能なビデオカメラは、とりあえずで使うには少し値段が高いものが多いですし無理に使う必要もないと思います。
纏めると、将来的に綺麗な映像を残したい!というのであれば4Kの方がいいですし、今現在使う分で十分という方は4K画質でないビデオカメラでも全然問題ありません。4K対応でないテレビやモニターで見る分には、4Kもフルハイビジョンも正直そこまで大きな差が出るわけでもありません。なお、既に4K画質で映せるテレビや投影機器をお持ちの方は4K画質を選ばれた方が満足できるでしょう。

上手なビデオ撮影を行うための押さえておきたいコツは?

せっかくビデオ撮影をするのであれば、綺麗に撮った映像を残したいものです。ビデオ撮影時には、上手に撮るコツがいくつも存在します。その中でも、とりあえず押さえておきたい基本的なコツをご紹介したいと思います。これを意識するだけでも、出来上がりの映像に違いが出てくるでしょう。

撮影中はフィックス(固定ショット)が基本

映像を撮影するとき、ビデオカメラを上下や左右に動かして撮影してしまうことはありませんか?映像撮影の基本は上下や左右に動かさず、しっかりと固定しながらとるフィックス(固定ショット)が基本です。上下や左右に頻繁に動く映像は観る人に不安を与えますし、手振れなどの原因にもなります。映像を撮るときはフィックスが基本になります。また、同様にズームもあまり使わない方が良いでしょう。頻繁にズームを使った映像は観づらく、人によっては酔ってしまうかもしれません。

代表的な構図のテクニック、三分割法

映像を撮影するとき、撮りたいものを何気なくど真ん中に置いていませんか。これは日の丸構図と言われるもので、退屈な構図の代表格です。撮りたいものをついつい真ん中に置いてしまいがちですが、少し工夫するだけでちょっと違った雰囲気の映像を撮ることが出来ます。
構図の代表的なテクニックとして、三分割法というものがあります。これは、撮影している画面を縦に三分割、横に三分割してそれぞれの線が交わる四点のどこかに被写体を置くというものです。こうするだけで日の丸構図とは違ったバランスの取れた構図になります。写真でも最もよく使用されるテクニックですのでぜひ覚えてみてください。

1カットは長すぎず、短すぎず

1カットの長さも重要なポイントです。よくやってしまいがちなのが、1カットで10分も20分もずっとカメラを回し続けてしまうことです。撮っているその場では感じないと思いますが、後から見返してみると1カットで10分も20分も観るのは飽きるものです。また、2~3秒程度の短いカットも使いづらい映像になります。後からうまく編集するためにも1カットは10秒~15秒程度にして様々なシーンを繋げることが上手な映像作品を作るコツです。